Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

山賊打線 品がない?

西武ライオンズがリーグ優勝を決めました

西武ライオンズが優勝するのはなんと10年ぶりなのです。
今年の西武はずーーーーっと1位でした。
開幕8連勝のスタートダッシュ後、日本ハムに差を縮められながらもその都度連勝で抜け切り、9月18日にはソフトバンクとの首位攻防戦で3連勝しマジック11が点灯しました。
9月28日、マジックを2としていた西武は対ソフトバンク戦で菊池雄星投手が先発し勝利しました。
菊池投手は2009年にプロ入りして以来ソフトバンク戦に18試合登板していますが、一度も勝ったことがありませんでした。
怪我などで不調な時期がありましたが、2016年からは12勝、2017年には16勝で最多勝利投手を獲得した立派な投手です。
なのに、ソフトバンクに勝ったことがなかったのです。そういうことがあるのですね。野球とは。
試合後のお立ち台では一瞬目を潤ませたことがニュースになりました。

2008年のメンバー

その菊池投手が入団する前年の2008年に西武ライオンズは日本一になっています。
その時活躍していたのが、片岡易之(セカンド)、中島宏之(ショート)、栗山巧(レフト)、細川亨(キャッチャー)、G.G.佐藤(ライト)、中村剛也(サード)ら。
投手では石井一、涌井秀章、岸孝之、帆足和幸、西口文也ら。
監督が渡辺久信。
今見てもピッチャーが強力ですね。そして中村選手、栗山選手がイキのいい25歳、それぞれ本塁打王、最多安打でした。

この時の打線名がNo Limit!打線。この年の西武ライオンズのキャッチフレーズNo Limit!からそう名付けられました。

2018年は山賊打線

そして今年2018年は山賊打線。
「破壊力が激しく、最後まで攻撃の手を緩めず敵の戦意を喪失させる」という意味でファンの間でそう呼ばれているとのことです。
日刊スポーツでは西武ライオンズの前身の太平洋クラブライオンズの応援歌でこのことばがうたわれていると紹介されていました。
この応援歌というのは1975年に作られた「惚れたぜライオンズ」、この2番の歌詞に「ごつい顔だよ 山賊打線」とあって当時の打線を山賊打線とよんでいたそうです。
どんなごつい顔なのか見てみると。
ちょっと長いのですが、1分39秒のところだけでも見てください。

東尾さんがいます! 東尾さんは”打線”ではないけれど、顔は確かに山賊かも!!??

「惚れたぜライオンズ」、歌詞をみるとこれまたすごい。

1番
誰がつけたか どんたく打線
桜吹雪に勢揃い
ロッテ・阪急 叩いてつぶせ
どんと一発 殴り込み
何の因果で 何の因果で こうまで惚れた
日本一だよ 日本一だよ ライオンズ

2番
ごつい顔だよ 山賊打線
背振山から飛んできた
腕は自慢の殺人パンチ
焼いて食べよか 日本ハム
何の因果で 何の因果で こうまで惚れた
日本一だよ 日本一だよ ライオンズ

3番
倒せ蹴落とせ 南海野郎
来るか近鉄 血祭りだ
なんのジンクス 気になどしない
今日も勝ったよ 平和台
何の因果で 何の因果で こうまで惚れた
日本一だよ 日本一だよ ライオンズ

4番
江戸の兄弟 難波の友よ
ロードゲームは頼んだぞ
地元博多は玄界灘と
黒田武士とに任せとけ
何の因果で 何の因果で こうまで惚れた
日本一だよ 日本一だよ ライオンズ

5番
酒に麻雀 煙草もやめた
晴れてペナント握るまで
こんな苦労を勝利の歌で
嬉し涙に変えてくれ
何の因果で 何の因果で こうまで惚れた
日本一だよ 日本一だよ ライオンズ
作詞:中村基樹

「どんたく打線」ともいわれていた、ということがわかりますが、そんなことより「殴り込み」とか「血祭り」とか、「焼いて食べよか 日本ハム」はちょっと面白いですが、「酒に麻雀 煙草もやめた」とくると当時のプロスポーツの自由さに清々しささえ感じます。

「山賊打線とは品がない」という声もあるようですが、2018年の山賊打線は、打力はえげつないほどだとしてもコンプライアンスが効いた今風の山賊打線ということで、安心して使いましょう。

関連記事一覧