Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最高勝率球団

プロ野球「日本生命セ・パ交流戦」の全日程が終了しました。

ヤクルトが優勝したな、と思っていたら、最優秀選手はオリックス・バファローズの吉田 正尚選手と発表がありました。

吉田選手は青山学院大学出身のプロ3年目で、ド迫力のフルスイングが武器の注目の外野手です。

21日の対阪神戦でも8回に勝ち越しの三塁打を含め2安打と大活躍しました。

吉田選手に異論はないけれど、MVPは優勝チームからじゃないの?と疑問に思い、調べたところいろいろと知らないルールがありました。

 

まず、「交流戦優勝」とはいわなくなったそうです!

知らなかった!

2015年までは12球団で優勝を争ってその中で1位の球団を優勝としていましたが、2016年からはセ・パ両リーグの対抗戦に変更されました。

セ・リーグ対パ・リーグ、どちらが強いか。

という勝負になったということです。

セ・リーグ6球団の勝利数の合計とパ・リーグ6球団の勝利数の合計で多い方が勝ち、ということです。

 

その構図の中でも、勝率が一番高いチームについて「最高勝率球団」というそうです。

2018年はヤクルト・スワローズが12球団の中で一番勝率が高く、最高勝率球団に輝いたということです。

 

で、MVPはリーグ対抗で勝ったリーグの中で勝率1位のチームから選ばれるということです。

むずい。

 

交流戦の結果は以下の通りです。

確かに勝率はヤクルトが1位です。

試合 勝数 勝率
東京ヤクルトスワローズ 18 12 0.667
オリックス・バファローズ 18 11 0.647
千葉ロッテマリーンズ 18 11 0.611
福岡ソフトバンクホークス 18 11 0.611
北海道日本ハムファイターズ 18 10 0.556
埼玉西武ライオンズ 18 10 0.556
読売ジャイアンツ 18 8 0.444
横浜DeNAベイスターズ 18 8 0.444
中日ドラゴンズ 18 7 0.389
広島東洋カープ 18 7 0.389
阪神タイガース 18 6 0.353
東北楽天ゴールデンイーグルス 18 6 0.333

ヤクルトがひとりがんばって1位、楽天が12位ですが、あとは上位半分がパ・リーグ、下位半分がセ・リーグと、はっきり分かれているのですね・・・。

これをリーグ別に勝利数を集計すると。
パ・リーグが59、セ・リーグが48でパ・リーグが勝利。
そして、パリーグの中でオリックスが勝率1位ということがわかります。
なるほど。
それでオリックスの吉田 正尚選手がMVPに選ばれたということなのか、と合点がいきました。

パ・リーグ

試合 勝数 勝率
オリックス・バファローズ 18 11 0.647
千葉ロッテマリーンズ 18 11 0.611
福岡ソフトバンクホークス 18 11 0.611
北海道日本ハムファイターズ 18 10 0.556
埼玉西武ライオンズ 18 10 0.556
東北楽天ゴールデンイーグルス 18 6 0.333
勝ち数合計 59

セ・リーグ

試合 勝数 勝率
東京ヤクルトスワローズ 18 12 0.667
読売ジャイアンツ 18 8 0.444
横浜DeNAベイスターズ 18 8 0.444
中日ドラゴンズ 18 7 0.389
広島東洋カープ 18 7 0.389
阪神タイガース 18 6 0.353
勝ち数合計 48

 

それにしても、なにやら複雑です。

交流戦は、普段みかけない選手を見られる楽しみがあるので、それだけでいいのかも。

 

ちなみに、賞金は

オリックス・バファローズ 1,000万円
千葉ロッテマリーンズ 500万円
福岡ソフトバンクホークス 400万円
北海道日本ハムファイターズ 300万円
埼玉西武ライオンズ 200万円
東北楽天ゴールデンイーグルス 100万円
東京ヤクルトスワローズ 500万円

これもなんだかなー。

関連記事一覧