Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1月はベートーベン交響曲第1番でしょ。

年末は第九、第九と盛り上がります。
それが年が明けるとベートーベンのことなんかまったく忘れ去られます。

ですが。ベートーベンは第1がいいのです。
なぜか3番以降に人気が集まりがちですが、第1はその番号の通り、ベートーベンが29歳の時に作曲した最初の交響曲で、若さみなぎり全楽章がとっても聞きやすい曲なのです。

調子はハ長調

ハ長調といえば、楽譜に#だの♭だのが一つもついていない、単純に楽しい曲調です。
響きは明るく、ピッカーんと晴れ渡る青空、爽やかに通り過ぎる風といった祝賀的な楽想でまさに年の初めにうってつけな調子です。
ベートーベンの交響曲はほぼ異なる調子で書かれていて、ハ長調はこの第1番だけです。
しかも、多くの場合2楽章はもっさりして退屈ですが、第1番は2楽章もわかりやすいメロディーが並びます。

1月はベートーベン交響曲第1番を聞こうではありませんか。

ベートーベンは1770年にボンで生まれ、22歳の時からウィーンに移り住み本格的な音楽活動を開始します。交響曲第1番が誕生したのはそれから7年後の1799年、29歳の時です。

ベートーベンが生きた時代

ベートーベンが生きた時代のヨーロッパは激動の時代でした。
“第3番「英雄」は当初ナポレオンに贈る曲だったのだがナポレオンが皇帝になったことで幻滅して贈るのをやめた”とされるエピソードが有名なように、フランスのナポレオンがヨーロッパを征服しまくっていた頃です。

ベートーベンはボン生まれでウィーンに仕事をしにきました。ボンは今のドイツ、ウィーンはオーストリアですが、ベートーベンの頃はどちらも「神聖ローマ帝国」内でした。

神聖ローマ帝国は崩壊してざっくりいってドイツになっていきますが、その大変動の時期とベートーベンの生涯は重なる部分があります。

この頃のヨーロッパの歴史

この頃のヨーロッパでは下記のような大きな出来事がありました。

1795年 ポーランド消滅

ロシア、プロイセン、オーストリア帝国は1772年以来、3回にわたってポーランドを浸食、1795年ついにポーランドは消滅する。

1789年 フランス革命

フランスで、貴族中心の古い体制を平民が打ち破り「人間の自由・平等・主権在民」をうたうフランス人権宣言が採択された。
オーストリアやドイツの知識人は、フランス革命で王権が打倒されたことに共鳴する傾向があった。

1796-1812年 ナポレオンの登場

フランス革命で活躍したナポレオンが軍を掌握し各地遠征を決行し華々しい行動で市民の支持を獲得。
1804年、皇帝になる。国民投票の結果とはいえ通常ローマ教皇から与えられる帝冠を自ら授けるという尊大ぶり。

ナポレオンが、着席したままの教皇ビウス2世の前で自ら戴冠した後、皇后ジョセフィーヌに帝冠をかぶせようとしている場面。

1806年 神聖ローマ帝国滅亡

1805年ナポレオンはドイツ・オーストリアを攻撃、神聖ローマ帝国のドイツ諸連邦がナポレオンの支配下に置かれ、神聖ローマ帝国は消滅する。

1815年ウィーン会議

1812年のロシア遠征でナポレオンは敗北、その後は太平洋の孤島セント・ヘレナに流され余生をすごす。
ナポレオンを排除した後のヨーロッパの”区割り”を決めるためにヨーロッパ各国の代表がウィーンで会議を開いた。

年表

出来事 交響曲作曲 ベートーベン年齢
1770 誕生
1789 フランス革命
1792 22歳、ウィーンへ
1795 ポーランド消滅
1796 ナポレオン登場
1800 1番 29歳
1802 2番 31歳
1804 ナポレオン皇帝に 3番 33歳
1806 神聖ローマ帝国消滅 4番 35歳
1808 5番

6番

37歳
1812 8番 42歳
1813 ナポレオン敗北 7番 42歳
1815 ウィーン会議
1824 9番 53歳

新春スペシャル 1番全楽章

1楽章

いいとこだけ

全部

2楽章
いいとこだけ

全部

3楽章
いいとこだけ

全部

4楽章
いいとこだけ

全部

関連記事一覧