モーツアルト 最後の曲は―

シリーズ 2分でクラシック 9/93

モーツアルトは35歳で亡くなりました。
死因はおそらく病死であろうとされていますが、本人が当時精神的に不安定な状態にあり、「自分は毒殺される」と妻のコンスタンツェに訴えていたことなどから、今もミステリー的に語られることがあります。

病床で作曲し未完に終わった作品が『レクイエム』です。
この曲はある人の依頼によって作られました。

この依頼人がモーツアルトの死と関係するというストーリーで作られた映画が『アマデウス』(ミロス・フォアマン監督、1984年)です。

DVD発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

ですが、これはまったくのフィクションです。
本当の依頼者はわかっています。

プチ・クエスチョン

Q. それは誰でしょうか。

A.
地方領主のフランツ・フォン・ヴァルゼック伯爵。  push



この伯爵はアマチュア音楽家で、妻の命日のミサのための曲を依頼したのです。
ただ、通常の仕事の依頼ではなく、「自分が作曲したことにして欲しい」というゴーストの依頼で、しかも実際に接触してきたのが使者で身分を明かさなかったこと、そもそも「レクイエム」は鎮魂曲だ
ということで死とつながり、モーツアルトの死をいっそう謎めいたものにしています。

今日の1楽章は
モーツアルト交響曲第25番1楽章
映画の挿入曲として使われ不穏な空気をかもしだしました。

「さびから入門クラシック」

関連記事一覧