ティンパニーが「ドン」でスタートです。ベートーベン第9番1楽章


9番は唯一の合唱付きの曲です。1番から8番は1,2年ごとにポンポンと作曲していますが、9番は8番の10年後の1824年に完成しています。ベートーベン的にも熟成に熟成を重ねたのかと想像します。合唱の詩は『歓喜に寄す』でドイツの詩人フリードリヒ・シラーによるものです。ベートーベンがこの詩に出会ったのが1790年頃といわれていますので「構想30年以上」といったところかもしれません。演奏時間も1時間半くらいと長いですから、聴く方も気合が必要になります。
日本では12月に「第9祭り」的に演奏会だらけになりますが、ベートーベンは第9と同時に『ミサ・ソレムニス』という宗教系の曲を作曲していたということで、確かに第9も宗教的なニュアンスがあり、日本のクリスマスのイメージにマッチしているのかもしれません。
調性はニ短調。重厚さで全体がまとまっています。

第1楽章は、静かに各パートが音合わせをしているかのように始まり、徐々に揃えていき、ティンパニーが「ドン」でいよいよスタートです。

さびメロディーをまとめて聴くのはこちら
「さびから入門クラシック」

関連記事一覧