モーツアルト、ベートーベン、チャイコフスキー、一番長生きなのは誰?

シリーズ 2分でクラシック 6/93

モーツアルトとベートーベンは重なる時期に人生を送っています。
チャイコフスキーは少し後です。

モーツアルトとベートーベンは日本でいうと江戸時代、チャイコフスキーは明治時代にかかっています。

プチ・クエスチョン

Q. この3人のうち一番長生きだったのは誰でしょうか。
A.   

ベートーベンが57歳で長命です[1770-1827]
次にチャイコフスキー53歳[1840-1893]
一番若くして亡くなったのがモーツアルト35歳[1756-1791]

今日の1楽章は
ベートーベン交響曲第6番1楽章

さびメロディーをまとめて聴くのはこちら
「さびから入門クラシック」

関連記事一覧