いくぞ、いくぞ、いくぞ、でキターーーの ベートーベン交響曲第4番1楽章

シリーズ 2分でクラシック 50/93

第4番は調性が変ロ長調の曲です。
変ロ長調は明るく軽やかな曲が多い調です。4番は代表例といえましょう。

作曲されたのが1807年。ナポレオンに【英雄】を献呈するのをやめたのが1805年、徐々に落ち目になるナポレオンを後目に気持ちを切り替えて取り組んだのかなと想像できそうなフレッシュ感あふれる曲です。

今日はその1楽章です。
冒頭フルートが「リーン」と1音鳴らして、ゆっくりとおごそかに進んでしばらくするとびっくりの展開、ここからがさびです。
いくぞ、いくぞ、いくぞ・・・で キターーーーー。
舞え!舞え!!舞え!!! ファゴット、オーボエ、フルート、クラリネットそしてヴァイオリンの絢爛なコラボがたっぷりです。

ベートーベン交響曲第4番1楽章

さびメロディーをまとめて聴くのはこちら
「さびから入門クラシック」

関連記事一覧