ハプスブルク帝国負けがこむ

シリーズ 2分でクラシック 38/93

ナポレオンとハプスブルク帝国

ナポレオンはフランス革命で高まった市民精神と民族解放を旗印に、革命の理念をヨーロッパ各地へ広めようと、遠征に出かけます。これは実際にはナポレオンの個人的野心を実現させるための征服戦争であり、ナポレオン戦争と呼ばれます。

ナポレオン戦争の枠組みはおおまかに次のような形です。
ナポレオン軍のフランスとナポレオンの理念に共鳴したポーランドなどの国

イギリス、オーストリア・ハプスブルク、ロシア、スウェーデン、オスマン帝国

ナポレオンは1809年までにヨーロッパの勢力地図を塗り替えました。
ナポレオンの動向とおもな戦況は次のとおりです。

1797年 イタリア遠征
ナポレオン軍、オーストリア・ハプスブルク軍に勝利。
フランス ×オーストリア・ハプスブルク


1798年 エジプト遠征
「ピラミッドの戦い」
フランス ×オスマン帝国
「ナイルの海戦」
×フランス イギリス


1799年
オーストリア、北イタリア奪回。
×フランス オーストリア・ハプスブルク


1800年 第2次イタリア遠征
フランス軍、オーストリア軍撃破。
フランス ×オーストリア・ハプスブルク


1801年 ナポレオン、フランス革命で関係が悪くなっていたローマ教会と和解。
フランス、オーストリア・ハプスブルク講和


1802年 「アミアンの和約」フランス、イギリス講和


1803年 イギリス、フランスへ宣戦布告。


1804年 ナポレオン、国内での幅広い支持を受け、国民投票により皇帝に即位。ローマ教皇立ち合いのもと戴冠式を挙行。


1805年 対オーストリア・ロシア
「アウステリッツの戦い」
快勝 フランス軍 ×オーストリア・ハプスブルク、ロシア
オーストリア、フランスに屈服。


〃年  対イギリス
「トラファルガーの海戦」
×フランス軍 イギリス


1806年 対プロイセン
「イエナの戦い」
フランス ×プロイセン


1807年 対ポルトガル
フランス ×ポルトガル


1808年 対スペイン
フランス ×スペイン

ハプスブルク帝国のオーストリア・ハプスブルクは負けが込み、一時北イタリアを奪回したものの講和ののちの戦いで敗北、屈服することになりました。

ナポレオンの肖像で有名な「ヒヒ~ン」の絵は、オーストリア・ハプスブルクが一時奪回した北イタリアを再び奪い返そうと、ナポレオンが裏をかいてアルプスを越えて進撃しているときの様子です。

ルイ・ダヴィッド画「サン=ベルナール峠を越えるボナパルト」

プチ・クエスチョン

Q1. ルイ・ダヴィッドの描いた「サン=ベルナール峠を越えるボナパルト」は複数枚あります。何枚あるでしょうか。

A.
5枚touch

・フランスのマルメゾン城の美術館が所蔵しているもの
・ベルサイユ宮殿の美術館に展示されているもの、2枚
・ベルリンのシャルロッテンブルク宮殿に展示されているもの
・ウィーンのベルヴェデーレ宮殿のオーストリア・ギャラリーに展示されているもの。

今日の1楽章は
ベートーベン交響曲第9番2楽章

さびメロディーをまとめて聴くのはこちら
「さびから入門クラシック」

関連記事一覧