ベートーベンと神聖ローマ帝国

シリーズ 2分でクラシック 35/93

ベートーベンの誕生の地はボンです。
1770年にボンを治めているケルンの選帝侯の宮廷歌手の息子として生まれました。

ボンは神聖ローマ帝国内ですが、ハプスブルク家領内ではありません。

ですが、ケルンの選帝侯はハプスブルク家と縁があり、ベートーベンをウィーンに留学生として送ったのです。
ベートーベン21歳の時です。

プチ・クエスチョン

Q1. モーツアルトのザルツブルクではザルツブルク音楽祭がありますが、ボンでも音楽祭があります。
それはなんでしょうか。

A.
ボン・ベートーベン音楽祭touch



ベートーベンの生誕75周年を記念して1845年に音楽祭が開かれたのが最初です。
現在では毎年9月に開催されています。


今日の1楽章は
ベートーベン交響曲第8番2楽章

さびメロディーをまとめて聴くのはこちら
「さびから入門クラシック」

関連記事一覧