ベートーベンのパトロン

シリーズ 2分でクラシック 27/93

ベートーベンは富裕層から援助を受けて作曲活動を行っていました。
かなり広い範囲にファンがいました。

・誕生の地・ボンの貴族
・ボヘミアの貴族
・オーストリアの貴族
・ 〃 銀行家
・ 〃 実業家
・シュレージェン地方の貴族
・ポーランドの貴族
・ハンガリーの貴族
・ロシアの貴族
などです。

交響曲でいうと

第1番 オーストリアの貴族
第2番 ドイツの貴族
第3番 ボヘミアの貴族・ロブコヴィッツ侯爵
第4番 シュレージェン地方の貴族
第5番 ボヘミアの貴族・ロブコヴィッツ侯爵/ロシアの貴族・ラズモフスキー
第6番 ボヘミアの貴族・ロブコヴィッツ侯爵/ロシアの貴族・ラズモフスキー
第7番 オーストリアの銀行家
第8番 オーストリアの貴族・ルードルフ大公
第9番 プロイセン国王

大物過ぎがズラリです。

プチ・クエスチョン

Q1. このパトロンの中で、名前を付けて呼ばれる作品がある人がいます。それは誰でしょう。

A.
ラズモフスキーtouch



ラズモフスキーはロシアの外交官で、ウィーン会議でロシア特命大使の任にありました。
作品は弦楽四重奏第7番、第8番、第9番で、それぞれ「ラズモフスキー1番」「ラズモフスキー2番」「ラズモフスキー3番」と呼ばれています。

今日の1楽章は
ベートーベン交響曲第5番2楽章
さびメロディーをまとめて聴くのはこちら
「さびから入門クラシック」

関連記事一覧