「モーツアルトのかなしさは失踪する。涙は追い付けない。」

シリーズ 2分でクラシック 26/93

小林秀雄がモーツアルトを評論した著作に『モオツァルト』があります。

そして、ことあるごとに引用される一文が「モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない。」です。

いったい「涙がおいつけないほどのかなしさが疾走している」というのはどのような音なのでしょうか。

「弦楽五重奏曲4番ト短調 K.516」について語られたものです。
聴いてみましょう。
涙がおいつけないほどのかなしさが疾走しているところ

言われてみると確かにそのような気もしてきます・・・。
ちなみにこの一文は次のように続きます。

モオツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない。涙の裡(うち)に玩弄(がんろう)するには美しすぎる。空の青さや海の匂いの様に、万葉の歌人が、その使用法をよく知っていた「かなし」という言葉の様にかなしい。

『モオツァルト』を読んで、モーツアルトにはまったという方もいらっしゃるようですが、この格調高い小林秀雄の名文を見て、一瞬気が遠くなっても、気にしません。
このサイトでは、音楽・メロディーそのものをシンプルに楽しみたいと思います。

今日の1楽章は

モーツアルト交響曲第40番3楽章

さびメロディーをまとめて聴くのはこちら
「さびから入門クラシック」

関連記事一覧