モーツアルト妻・コンスタンツェの真実

シリーズ 2分でクラシック 12/93

モーツアルトの妻、コンスタンツェは悪妻として知られています。

コンスタンツェ

なぜ悪妻なのか。

  • 浪費が激しかった
  • モーツアルトの埋葬に立ち会わなかった
  • 墓参りさえしなかった
  • 遺稿をえげつないやりかたで売りさばいた
  • 再婚相手にモーツアルトの伝記を書かせて儲けた

など愛情に欠けお金に執着しているとのイメージが定着しています.
ですが、一方でモーツアルトが残した負債をがんばって返済した、という見方もあります。

プチ・クエスチョン

Q. そもそもモーツアルトがコンスタンツェと結婚したきっかけは何だったのでしょうか。

A.
コンスタンツェは初恋の人アロイジアの妹だった。  push

アロイジアはソプラノ歌手で、モーツアルトの仕事仲間の写譜屋ウェーバー家の4姉妹の次女です。
モーツアルトはアロイジアに猛烈に思いを募らせ曲を捧げたりもしたのですが、アロイジアの方は貧乏なモーツアルトを蹴り、他のパトロンの支援によって歌手としての成功をつかみました。

時を経てモーツアルトがウェーバー家を訪ねたものの、すでにアロイジアは結婚していて、そのかわりというわけではないのでしょうが、ウェーバー夫人にコンスタンツェとの結婚を仲介されたということです。

ちなみに、写譜屋ウェーバーの弟は作曲家のウェーバーです。

作曲家のウェーバー

今日の一楽章は
モーツアルト交響曲第25番2楽章

「さびから入門クラシック」

関連記事一覧